[FACTORY] U・S・P ASSOCIATION (後編)

U・S・P ASSOCIAITION 後編

夢を抱くような現場作り

前編では有限会社ユー・エス・ピーアソシエーションとの関係性を紹介したが、今回はさらに掘り下げ。デザイナー有働が代表の石岡さんにモノ作り現場のあれこれを伺ってきた。

(有働)「青森の工場はすごくキレイで素敵な環境ですね。あと働く人も若い方が多いのが印象的でした」

(石岡さん 以降:石岡)「スタッフがモノ作りをすることにプライドを持ってほしかったので環境作りにはこだわりましたね。ただそれでも人を集めるのは大変でした。今の時代ってモノ作りに興味があっても、生きがいとか夢とか抱けないんですよ」

(有働)「確かに後継者がいないとか、若い働き手がないとかはよく耳にしますね。石岡さんはどのように行動されたんですか?」

有限会社ユー・エス・ピーアソシエーションの代表、石岡さん

(石岡)「重複してしまいますが、ただの仕事というよりは手に職をつけるという意味で夢を持つような現場作りを心がけたことがよかったですね。やはり1つのモノをどうやって完成させていくのか、どうやって技術が身についたのかっていうことを目標においたほうが、自分自身の技術が育つ。ここまで出来たってことを一つの成果として、将来を見据えるように働いて自信をつけてもらいたいんです」

(有働)「全部のプロセスを知っておいてもらいたいというのはUSPさんならではなのかもしれませんね」

(石岡)「そうですね。通常の工場だと生産ラインってのは効率を考えてパーツごとに担当が決まった縦型なんですよ。でも、それがうちの場合は極端に言うと円。右回転だけで終わりならいいけど、戻ってくる時に2、3工程先が見えてフィニッシュが見える。そうすることによって人が入れ替わっても作業できるので、1人1人が1点丸縫いできるようになっていくんです」

(有働)「確かに縦のラインだと1つの工程だけをやる形になってしまいますね」

(石岡)「とにかくどこかの工程1つしかできないというやり方はしたくなかったんです。全てのプロセスを理解して実際に作業することによって、最終的に自分の頭で組み立てられることができるようになってほしい」

(有働)「ファクトタムも立ち上げの頃からお願いさせて頂いているんですが、有名な某セレクトショップからうちのようなインディペンデントなブランドであったり、若いブランドを手伝ったたり、色々なブランドと細かく対応してくれるのがUSPの強みだなと思うんです。ただ、そこまで幅広いとこれが大変だったなみたいな経験はありますか?」

FACTOTUMデザイナー有働

(石岡)「ありますよ。正直言って二度とやりたいくないと思った案件も(笑)。モノ作りは常にチャレンジだから楽しいんです。ただそこで、会社のスタッフ全員の生活を支えているわけなんで、会社という立場上は利益を生まなければ明日への存続ができない。このバランスがやはり難しいところですよね。自己満足で楽しいだけでは厳しい。どうやって利益を生むかが大事。理想だけでは明日明後日の社員の生活が成り立たない。そうすると好きな仕事も辞めなければならない。そういったことは常に考えてます」

(有働)「そう言いながらも、こちらがお願いしたクリエーションに対して120、130%という思いで返してくれるからありがたい。クリエーターとしてもやりがいが生まれます。そのただ頼まれた仕事をやるだけじゃなく、しっかりとアドバイスもくれる姿勢はすごいなといつも感じています」

(石岡)「依頼してくれたクライアントも購入するお客様も喜んでもらえるような流れは組みたいんですよ。デザインを変えるなんてことはしませんが、パターンからサンプルをあげて、こちらからもしっかりと提案するというのは他の工場にはない強みかなと思います」

(有働)「石岡さんは親の代から工場をやっていて、ご自身もデザイナーを目指して上京。実際に自分でブランドを立ち上げたり、パターンを引いたり、最終的に今までの経験を生かしたからこそ、今この形になっているということですね」

(石岡)「そう思ってもらえるならありがたい。工場は1から2に出来るところは多いのかもしれませんが、私たちのように0から1に出来るのはいい意味で大変なことだと思うんです。だからこそ、今後もスタッフ一同でチャレンジ精神を忘れずに成長していきたいです」

現状維持ではなく、未来を見据えた育みを主とした職場作り。この活動はアパレル業界に限らず、後進国と呼ばれてしまっている日本という国において大事な取り組みであることに間違いない。

U・S・P ASSOCIAITION

https://www.uspassociation.jp

No.01060738 T/R STRETCH SOMMELIER SHIRT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です