[FACTORY] 株式会社丸一(墨田工場)

飽くなき探求心のもと、

1つ1つ丁寧に仕上げたコットンボディ

東京都は墨田区亀沢。錦糸町駅と両国駅の間に位置するこのエリアは、江戸時代から続くモノ作りの町であると同時に、浮世絵師の葛飾北斎が一生の大半を過ごし、相撲や江戸前寿司を生み出すなど、日本が世界に誇る文化の発祥地として知られる。

そんなエリアの一角に佇むのが、トタンで囲まれた建物。ニット衣料の製造メーカーとして、企画・製造・販売までを手掛ける株式会社丸一の墨田工場だ。〈ファクトタム〉のブランド創成期から製造を依頼し、2014年に出来た本工場にもカットソーをメインとするサンプル、量産を行い、裁断~縫製までの本縫い物など幅広く携わってもらっている。

いざ工場内に入らせてもらうと外観の下町感とは打って変わって、ミシンの運針やアイロンのスチーム音が心地よく鳴り響く、明るくクリーンな印象。また、年齢差という壁なく、和やかでアットホームな空気感で各々が仕事に取り組んでいた。

昔はこのエリアには縫製工場が沢山あったが徐々に閉鎖してしまい、現在では都内の縫製工場を探す方が難しくなっているという。ただ、その状況を悲観的に考えるのではなく、国内外生産の特異性を超え、オリジナルな原料、素材開発にも力を入れている。〈ファクトタム〉の2019AWシーズンにおいてもリラックス感のあるシルエットを用いたTシャツ類は、丸一が作り上げた綿100%のボディを使用。肉厚ながらワンウォッシュされたことで、風合いの良く柔らかな着心地となったこだわりの1品。今後は、このボディのような技術を含め、丸一だからできることを継承していくために若手の人材確保と育成にも励んでいくんだそうだ。

生産アイテム

PRINT T-SHIRT COFFEE&CIGARETTES

PRINT T-SHIRT CINEMA&MUSIC

PRINT T-SHIRT C&C BUCKS

PRINT T-SHIRT IGGY&TOM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です